風の声 - 朝日だより「そよかぜ」|ASA調布西部

ASA調布西部 (有)奥浜新聞販売

ASA調布西部 〒181-0015 東京都三鷹市大沢4-12-6 (有)奥浜新聞販売 TEL:0422-32-6370 / FAX:0422-34-2437

風の声(2018年8月)

◆先月号のアンケートは「わが家の暑さ対策!」でした。連日連夜、ほんとうに暑い、暑い。家の中で少しでも快適に過ごすためのアイデアをご紹介します。

(編集部)

◇タオルを水でぬらして、冷蔵庫で冷やしておく。

(大沢)

◇冷水のシャワーを朝と夕にあびる。「ひとやすみ」をよく読んでいます。

(富士見町)

◇早寝早起き!

(大沢)



風の声(2018年7月)

◇テレビや全国紙では扱わないような身近な情報が多く、楽しみにしています。

(大沢)

◇毎月真っ先に読みます。調布に住みはじめて五年半。八十五歳になり、脳トレにもなる「そよかぜ」は楽しみです。字がもう少し大きいとうれしいです。

(富士見町)

◆先月号のアンケートは「トランプで好きな遊びは?」でした。一位は「七並べ」と「ババ抜き」が同数。続いて「ブリッヂ」「ポーカー」「大貧民(大富豪)」。「ドボン」はどんな遊びでしたっけ?

(編集部)



風の声(2018年6月)

◇今年は野川でウシガエルの声が聞こえるかな。

(いよちゃん)

◇イトーヨーカ堂&SCは自転車で行けるところなので、2021年のオープン予定に期待。

(大沢)

◇多磨駅に大型スーパー、うれしいです。先月号の風景写真にある「道ばたの花」は「遅咲き月見草」です。ピンク色ではありませんか?

(大沢)



風の声(2018年5月)

◇先月の「このまち」の野川の記事はまったくうなづける。野川、桜、野鳥などなど、わたしも朝の散歩で楽しんでいる。大切に保存したい。

(富士見町)

◇季節の移ろいが早く、桜の花からあっという間にツツジ、ハナミズキ、藤へ。野川の自然にライトアップは必要ない。記事に同感しました。

(大沢)

◇先月の野川の景色(このまち)の冒頭はルイ・アームストロングのWhat a wonderful wolrdを思い出しました。なにげない日常ってすばらしい。平和ってこういうことですね。

(大沢)



風の声(2018年4月)

◇私が大沢に新居を建て住み始めたころは中村屋の工場がまだ一部残っていて、おせんべいを作っていました。中村屋にお勤めだった方もたくさんいらっしゃいました。なつかしい!

(大沢)

◇取材・文・編集は誰が担当者を決めるのですか?現在は平野氏。よく調査して書いている。楽しく読ませてもらっています。

(富士見町)

◇身近な情報が多くて楽しみに読ませてもらっています。私もドイツには十五年ほど前に、コーラスで二回訪ねたことがあります。

(大沢)

◆先月号まで「このまち わがまち」に連載した新宿中村屋の記事に多くの反響をいただきました。ありがとうございます。今後も、このまちのことを思えばこその記事を書き続けたいと思います。

(H)



風の声(2018年3月)

◇五十三年前に大沢に越してきた頃はまだ御塔坂のたもとに牛小屋があり、牛がいました。自分の住む大沢の昔をもっと知りたいと思っていましたので、そよかぜの記事を毎回楽しみにしています。

(大沢)

◇地域発信ニュースが生活に潤いを与えてくれています。めまぐるしく変化する昨今、そよかぜを見るとほっとします。

(大沢)

◇武蔵小金井はすっかりキレイになりましたね。中村屋の工場、地図を掲載してくれたのでどこだかよくわかりました。

(大沢住の妻)



風の声(2018年2月)

◇先月の「このまち わがまち」の新宿中村屋のはなしが意外性があっておもしろかった。

(富士見町)

◇新宿中村屋の記事をなつかしく読みました。二七年前、新宿に在住の頃は体調不良のときに本店にボルシチを食べに行きました。

(大沢)

◎アンケート結果◎お雑煮に必ず入れる具材は?
◆実家は京都なので頭芋などが入っていましたが、今は夫にあわせて鶏肉、にんじん、大根、三つ葉です。 ◆沼津の実家ではお雑煮はみそ仕立てで、お餅は焼きません。かつおぶし、青のりをトッピングします。



風の声(2018年1月)

◇心温まる記事にほほ笑んでしまうこともあります。いつもありがとう!

(富士見町)

◎アンケート結果◎クリスマスの忘れられない思い出は?
◆バタークリームのクリスマスケーキ。六〇年も前のことを思い出します。(大沢)
◆サンタからのプレゼントを枕元に置いて、次の日の朝、子どもがすごく喜んでいる姿を見られたこと。(富士見町)
◆二〇一〇年、アラブの春が起きた十二月にシリアに行きました。今では考えられないほどみんなが平和に共存していました。忘れられないクリスマスです。(大沢)
◆三〇年ほど前、息子の幼稚園でクリスマスプレゼントを、お母様方とみんなで楽しくつくりました。(大沢)



風の声(2017年12月)

◇先月号の「ゴロウ・ナカノ」に興味を覚えます。

(富士見町)

◇「ひとやすみ」を楽しく読み、参考にしています。続けてください。

(富士見町)

◇毎月楽しみにしています。この近辺は緑が多くて良いところだなあと思います。

(大沢)

アンケート結果◎人気一位は天文台通りのイチョウ並木でした!



風の声(2017年11月)

◇野川の今昔話は終わってしまうのでしょうか。おもしろく読んでいましたが……。

(大沢)

◇前号も、今月号もそうですが、「このまち わがまち」の内容がMだのKだのと個人的過ぎてわずらわしかった。残念。野川についていろいろ記してくれた記事が好きでした。

(富士見町)

アンケート結果◎ 好きな作家の一位は、湊かなえ&東野圭吾。続いて、A・クリスティ、松本清張、伊坂幸太郎、R・パーカー、T・ハリス、S・キングなど!



風の声(2017年10月)

◇「囲碁」。新入社員時代に覚えたが忙しくなって中断。以来、四〇数年が経ち、またやりたくなりました。

(大沢)

◇ウクレレを買ったはいいが三日坊主……始めますか!

(ゆび)

「英語」。一〇年以上勉強しています。仏語、伊語を始めたいと思いましたが、案外英語だけで旅行できるのでこのまま続けようと思います。

(大沢住み)

先月の「ひとやすみ」のインド訪問旅。貴重な異文化体験、続けてください。

(富士見町)



風の声(2017年9月)

◇生まれ育ちは河口湖。カンカン照りの湖で毎日友だちと夕方まで泳ぎ、真っ黒に。

(富士見町)

◇天文台の森でカブトムシやクワガタを採ったこと。

(大沢)

地域のイベント情報、お出かけスポット、お気に入りのレストランやカフェ、本紙のご感想・ご意見など、みなさまの声をお気軽にお寄せください。お待ちしています。

◎読者のみなさまからの声をお待ちしています!



風の声(2017年8月)

◇毎月楽しみにしています。スポーツ観戦チケットのプレゼントがあるとうれしいです。野球もサッカーも大好きなので!!

(大沢在住)



風の声(2017年7月)

先月からの「このまち」。あの長編のプルーストつながりのお話の続きが気になります。ホタルもあたたかい晩に観にいってみようと思います。毎月楽しみです。

(大沢住み)

地域のイベント情報、お出かけスポット、お気に入りのレストランやカフェ、本紙のご感想・ご意見など、みなさまの声をお気軽にお寄せください。お待ちしています。

◎読者の声をお寄せください!



風の声(2017年6月)

地域のイベント情報が載っているので助かる。

(もりのひと)

わが家にとって「そよかぜ」は貴重な地域の情報源です。

(大沢在住)

先月の「このまち」は視点と主張がはっきりしていて、なるほど、と思った。

(大沢在住)



風の声(2017年5月)

深大寺の釈迦如来が国宝になりました。以前から、そうなってほしいとの願いが通じたのかもしれません。

(いよちゃん)

先月号のこのまち わがまちの「伝えるべきことを伝える」に、そよかぜの思いを知り、感動しました。

(大沢在住)

クイズは、意外に(?)難しいです……。「わがまち」が少し広くなった気がします。

(はなぐろ)



風の声(2017年4月)

今回の東京五輪の象徴を前回と比して、「経済成長」から「未来を担う子どもたちの成長」と。すばらしい着眼、提案です。

(富士見町在住)

「オリンピックと子どもの成長」。地元の話題でもあり、ワールドワイドな話題でもあり、二人の小学生男子がいるわが家には興味津々でした。

(ユーカリ)

先月号で紹介されていたお寿司屋さん。久しぶりに「回らない」お寿司を食べに行こうと、夫と約束しました。

(大沢在住)



風の声(2017年3月)

毎回楽しみに読んでおります。特に「野川の景色」はとてもすばらしいテーマで、楽しく読ませていただいています。今後ともよろしく。

(大沢在住)

十二月号の「調布駅の便利の先にあるもの」はそうだ、そうだと思いながら読みました。便利にはなった京王地下駅なのでしょうが、駅前に樹木も少なくなったりと、もっと緑の多いまちにしてほしいです。

(富士見町在住)

過日、実篤記念館に立ち寄り、カボチャのスケッチをしたりと、ゆったり過ごす時間を持てた。身近で得られた市場の喜びだった。

(大沢在住)



風の声(2017年2月)

先月(十二月号)のクイズ。バスに乗ると停車場の案内が「ごとうざかした」と言っているので、そうだと思ってました。違うんですね。毎月楽しみです。

(大沢住)

先月のこのまちわがまち「調布駅、便利の先にあるもの」。同感です。深大寺などを意識した品位ある駅「調布」にしてほしいですね。

(大沢美)

平成も今年まで。何かと変化の多い年になりそうですね。自分の足元をしっかり見つめ、そよかぜといっしょに軽やかに歩んで行けたらと思います。

(大沢在住)



風の声(2017年1月)

大沢に住んではや四〇年になります。すべてがフツーと思っていた近所にいろいろな景色があったり、個性豊かな喫茶店があったり。そんな場所を教えてくれる「そよかぜ」さんに感謝です。

(ミニー)



風の声(2016年11月)

気になっていたけれどどんなお店かわからなかったカフェが紹介されていて、行ってみたくなります。

(イトウ)

「ひとやすみ」が参考になります。「このまち」は、野川はよくわかりますが、そろそろほかの場所を。

(富士見町在住)

先月のプレゼントクイズがむずかしかった。でも、佐須のお寺を知れてよかった。

(富士見町在住)



風の声(2016年10月)

プレゼントが少ないのは残念!

(大沢在住)

街の身近なニュースを伝えてくれる「そよかぜ」はとても大切な情報源です。毎月楽しみに読んでますヨ!

(富士見町在住)

先月の「このまち」の話。わたしも野川沿いで寅、辰、午を探してみます。

(大沢在住)



風の声(2016年9月)

そよかぜは取材・記事がいいですね。

(われもこう)

先月の「三鷹囃子」の話はおもしろかったです。

(大沢在住)

地元の情報が多く、いつも楽しみにしています。

(大沢在住)



風の声(2016年8月)

先月の「このまち」。古八幡社の来歴をもう少し詳しく知りたいですネ。

(大沢在住)

そよかぜを楽しみに拝読しています。生活安全ニュースと地域発信ニュースは必ず読みます。灯籠流しは先祖の供養と世界の平和を願って参加しています。

(富士見町在住)



風の声(2016年7月)

地域発信ニュースで地元のイベント情報を入手して参加するようにしています。

(大沢在住)

W杯&オリンピックがこの調布にやってくる。何と幸せなことでしょう! 年明けのサントリー×東芝の府中ダービーも目が離せませんね。

(大沢住み)

スタジアムでサッカーやコンサートがあると歓声や音が遠くまで聞こえます。

(富士見町在住)



風の声(2016年6月)

先月号の「このまちクイズ」。調べてようやくわかりました。チケットも当たりますように。

(大沢在住)

地域ニュースは身近なイベントが載っていて便利。

(富士見町在住)



風の声(2016年5月)

先月号の「ひとやすみ」。数年前に沖縄で食べたソーキそばの味を思い出しました。調布駅前もびっくりするぐらい変わって「こっち」から「あっち」に簡単に行き来できるように。今度行ってみよう!

(庭の人)

「このまち わがまち」を毎回楽しみに読んでいます。何も知らずにそばを通っているところに、チョットした名所があるとは!

(Jimmy)

大沢の郷土史を見ると、天文台を移設するにあたり、八幡神社を現在の東八の北へ、墓地を長久寺へ移動させていたようですね。

(大沢在住)



風の声(2016年4月)

灯台もと暗し、とよく言いますが、地元を明るく照らしてくれる「そよかぜ」はありがたい。これからも楽しみにしています。

(富士見町在住)

先月号の「このまち」。神代植物公園の木々は物言わず語りかけるとありますが、ほんとうにそうですね。日々の生活にもちょっとした心がけで、一日一日を元気に、明るく過ごしたいものです。

(大沢美)

「平和の森」のいわれをはじめて知りました。平和の記憶を大切にしたいですね。

(富士見町在住)



風の声(2016年3月)

毎月「そよかぜ」を楽しく読んでいます。意外に知らない、近くの情報がいつも載っていてうれしいです。

(富士見町在住)

神代植物公園に行ってきました。園内ではフクジュソウが咲き始めていて、春の近いことを知らせているようです。

(富士見町在住)

毎回楽しく読ませていただいています。今後も地域の情報を期待いたします。

(大沢在住)



風の声(2016年2月)

本年もよろしくお願いします。早速ベッカライ「ハイジ」でドイツパンを買いました。素朴でおいしく、また行きたいです。

(大沢美)

「このまち わがまち」がよかった。

(大沢在住)



風の声(2016年1月)

「ひとやすみ」から。子どもの心に直接入ってくる絵本。未来をつくる子どもたちに何を伝えればよいか……。立ち止まって考えてみたいです。

(大沢)

「なまけ者になりなさい」。私にはそれが一番難しい。毎日時間に追われ、全力で走っている気がする。でもいつか、なまけ者になりたい。いや、なってやる!

(大沢)

「八雲台小角」の話。昨日通りましたが気づきませんでした。あらためて見に行きます。近くに不思議があるのですネ。

(富士見町)



風の声(2015年12月)

毎月楽しみです。三鷹駅南口の天文・科学スペースの利用がうまくいくといいですね。

(大沢)

「いまの幸福な時間は戦争の虚しさの上に……」、本当にその通りだと思います。

(富士見町)

戦争当時にどんな苦労があったか、想像もできませんが、ふと、小さいころ、祖母が家族の前で「埴生の宿」を英語で歌ってくれたことを思い出しました。

(庭の人)

いつも読んでいます。取材から編集までこなす平野さん。ただ者ではないですね!

(富士見町)



風の声(2015年11月)

けっこう読ませる。編集が良くなった。

(大沢在住)

テムズ川の川べりで野川をたとえるなど、筆者の「調布愛」が伺えますね。

(富士見町在住)

はじめはプレゼント目当ての投稿でしたが「風の声」に載るようになり、楽しみが増えました。週末はバラフェスタに行ってみようと思います。

(庭の人)

調布市制施行六〇周年記念特別展「描かれた調布」に行ってきました。昔の調布の町が懐かしかったです。

(富士見町在住)



風の声(2015年10月)

「このまち わがまち」は毎号、丹念な資料調べと名文で楽しみにしていますが、先月の「繕う社会」はその中でも出色の出来映え。いいものを読ませていただきました。ありがとう。

(富士見町在住)

日々をていねいに生きると、ほころんだところが見えてくるのでしょう。それを繕うよゆうを少しでも持っていけたらいいなあ。

(庭の人)

調布に越してきました。初便りとなります!

(富士見町在住)



風の声(2015年9月)

先月号の飛行場の話。今後あらゆる可能性をふまえての危機管理が大切だと思う。

(ゲルチ)

今回の事故で「絶対」はないと実感。議論を重ね、新たな対策や技術が生まれる。限りなくミスをゼロに近づけるために革新を続けたい。

(大沢在住)

沖縄の基地周辺の住民は調布市民以上の恐怖といきどおりを感じているのかも。

(大沢在住)

表面の「今月の和菓子」、楽しみにしています。和菓子ってすばらしい!

(富士見町在住)



風の声(2015年8月)

「ひとやすみ」の調布のちゃんこ鍋屋さん。絶対に行ってみます! 記事の書き方がすばらしいと思います。だって、ほんとうに行ってみたくなりましたから。

(萩)

前号の「このまち わがまち」の結句、十行はまことに名文。庶民の声を聞かない(聞こえない)為政者に聞かせたいものです。

(富士見町在住)

車輪のない飛行機の話に思わず涙ぐんでしまいました。「七〇年も昔のこと」ではなく、「まだ七〇年しか経っていない」のに……。

(庭の人)

戦後七〇年。平和についてもっと考えなければならないことが一枚の写真の中に詰まっています。

(ターチャン)

調布飛行場に放置された戦闘機「剣」。車輪が外れるつくりだったという話に戦りつを覚えました。

(えごのき)

また太平洋戦争前と同じ政治状況となりつつある。恐ろしいと思う。兵隊の経験があるばかりに、その恐ろしさは骨身に染み通っている。戦争反対。

(大沢在住)



風の声(2015年7月)

近所や地域のこと、知らないことばかり。今までプレゼント以外見ていませんでしたが、これからは読ませていただきます。

(富士見町在住)

菅原克己さんのこと、初めて知りました。彼の詩の中の野川の風景が今も昔も変わらないことに、しみじみ感じ入りました。

(ちゃーにゃん)

インターネットでの情報収集が主流の時代に、本紙はほんとうに地元の情報が満載で役立っています!

(ひまわり)



風の声(2015年6月)

先月号の写真「初夏の野川」を見て。黄色いカラシナの若葉はおひたしにして食べられるそうです。

(富士見町在住)

野川を散歩していると、「ひとやすみ」で見かけたお店を発見。ちょっと得した気持ちです。

(富士見町在住)

「そよかぜ」はB4両面にたくさんの情報がつまっていて読み応えがありますね。自分の住んでいるまちをあらためて見直すきっかけになります。

(ちゃーにゃん)



風の声(2015年5月)

散歩に良い季節なのに足にケガ……。良くなるまで「ひとやすみ」「このまち わがまち」で散歩気分を味わいます。

(大沢在住)

先月の天文台の記事で、当時三四〇人もの地権者の方々が土地を寄付されたということに大変感動しました。

(ANNE)

「寄り道読書」が楽しみです。私の知らないタイトルと内容が参考になります。

(大沢在住)

この地に転居して五年になります。この土地の歴史が少しずつわかって、楽しいです。

(大沢なう)



風の声(2015年4月)

古い歴史のある大沢という土地に暮らしながら、昔のことに思いをはせる時がない日々をすごしていますが、「このまち わがまち」を読んで、ふっと息つく時間を楽しみにしています。

(大沢在住)

今月(三月号)の記事、「浅草天文台」の富嶽百景の絵には驚きました。

(富士見町在住)

いつも楽しく読んでいます。身近な場所なのに知らないこどが多くて、へーそうなの、といつも感心しています。「今月の色」もいいですね。

(野崎・はる)



風の声(2015年3月)

身近な地域の話題が載っていて時折散歩に出かけます。今回は天文台と冬の天球の話。「宇宙に時間は満ちているが、人間にとっては有限である。だから至上のものなのだ」という言葉を思い出しています。

(大沢在住)

前号の「茶屋bubu」のような一人でもゆっくり本が読めそうなカフェを探していました。今度行ってみます。

(富士見町在住)

二十数年前に親子で見学に行ったことがある天文台。懐かしい思い出です。

(大沢在住)



風の声(2015年2月)

今年は深大寺の豆まきに参加したい気持ちになりました。寄り道して、福を呼び込みたいですね。

(富士見町在住)

案外と知らないまちの情報を楽しみにしています。散歩コースの参考にも。

(富士見町在住)

アメリカンスクールの記事。昔、子どもがアメリカ人の子どもと相撲を取ったことなどを思い出しました。

(エリー)



風の声(2015年1月)

前号で完結したチマッティ資料館の連載は重厚なルポルタージュでした。調布・三鷹地域に根ざした記事を続けて展開してください。応援します。

(富士見町在住)

情報満載。毎回大変興味深く拝読しております。「このまち わがまち」では地道に、そして丹念に調べた事柄を読者に伝えようとする真摯な姿勢に感動。

(大沢在住)

飛行機の中で楽しんだ「数独」でしたが、関係者の方がすぐ近くにお住まいとは! なんだかウレシイおどろきです。

(大沢在住)



風の声(2014年12月)

地元に住んでいながら名前と外観しか知らなかった深大寺。先月号で少し認識が深まったかも。

(富士見町在住)

久しぶりに挑戦した数独。一〇分もかかってしまい中学二年の息子に完敗。反抗期を忘れられた楽しい休日の朝になりました。

(富士見町在住)

毎月、お出かけの参考にしています。地域のニュースから歴史まで、ギュッとつまった「そよかぜ」がこれからも楽しみです。

(大沢在住)



風の声(2014年11月)

「寄り道読書」は本に悩むとき、とても助けられるコーナーです。

(大沢在住)

先月号の「ひとやすみ」で紹介された伝統工芸作家高田亜矢子さんの作品はどこで見られるでしょうか。若い作家の活躍を楽しみにしています。

(大沢在住)

自分の住んでいる地域にいろいろな歴史があり、さまざまな人が生活していることをあらためて知るよい読み物ですね。

(大沢在住)



風の声(2014年10月)

先月号の「ひとやすみ」のすてきな見出しに誘われて記事を読みました。気候もよくなってきたので、散歩しながら行ってみますネ!

(STEVE)

「高田技師の碑」のことは知りませんでした。今度見に行ってみようと思います。

(ヨーちゃん)

一般紙はナナメ読み。「そよかぜ」は隅々まで。プレゼントを楽しみに探す私です。

(モッチ)



風の声(2014年9月)

チマッティ(「このまち わがまち」七、八月号掲載)は、どなたかと思っていました。続きが楽しみです。

(行博)

いつも「ひとやすみ」で粋で良さげなお店を紹介してくださってありがとうございます。今回のお店も機会があったらぜひ行ってみたいです。

(ちゃーにゃん)

「今月の色」のコーナーを読むのが楽しみです。「なつむしいろ」という表現は薄緑色といっしょに使ったら日本の良さがもっと感じられますね。

(大沢・美)



風の声(2014年8月)

野川の景色、ひとやすみ、楽しみにしています。近所のこと、知らないこと、これからもたくさん教えてください。

(チョタチャコ)

先月の「このまち わがまち」は特に力作です。すぐ近くに住んでいながら訪れたことがありませんでした。(二)を楽しみにしています。

(富士見町在住)

先月号で紹介された「コーヒースタジオ ホーリー」のことは知りませんでした。ぜひ今度、お友だちを誘って行ってみたいと思います!

(大沢在住)



風の声(2014年7月)

カフェやお惣菜屋さんの情報をとても楽しみにしています。何軒か実際に行ってみました。記事にあるとおりのすてきなお店でしたよ。

(K・T)

「そよかぜ」に紹介されたところを知っているとうれしく、知らないところは散歩コースを変えながら見つけに行くのが楽しみです。

(みいちゃん)

先月号の東京青年師範学校の碑の所在は知っていたが、気にもしていなかった。歴史がわかりとてもよかった。

(富士見町在住)



風の声(2014年6月)

新シリーズは四季折々の色を紹介するという、またまたうれしいコーナーです。風薫る五月は「あやめいろ」。すてきな色ですね。次号も楽しみです。

(大沢美)

限られた紙面に盛りだくさんの情報。これからも地域のミニコミ紙としてご活躍ください。楽しみにしています。

(KS)

現在の電通大が青年師範学校の跡地だったとは知りませんでした。電通大の前身についても気になります。ぜひいちどふれてください。

(ふ~こ)



風の声(2014年5月)

先々代の筆者さんのころから読んでいますが、単なる新聞折り込みのレベルを超えていますよね。

(富士見町在住)

野川の一夜限りの桜のライトアップ、行きました!
花びらが舞い、桜もうれしくなって自分から飛んでいたように思えましたよ。

(サスケ2014)

4月号「ひとやすみ」の香港のまち歩きを読んで。2009年に孫娘の高校入学を祝って香港を訪れたことを思い出しました。

(大沢在住)